スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目の当たりにするイタリアのありえなさ。


トラック運転手のストライキ記事以来、2回目の「イタリア生活。(怒)」カテゴリーです。

いやね、イタリア生活の中で、ムカつくことなんてしょっちゅうありますよ。
でも慣れってやつで、ブログに書くほどじゃないか~って流すことも多く。

しかし今回は、すごく身近なところで起きた話しなので、余計ショックでかいです。

ルカのお父さんのお姉さんの娘(ルカにしたらいとこ・45歳)が甲状腺にしこりが見つかり、
検査したのが、2007年10月

手術が必要と言われてから今、2008年2月まで4ヶ月
やっと今日が手術の日でした。

・・・でした。



イタリアは公共の病院だったら、無料で診察・手術が受けられます。
それは、貧しい人にも金持ちな人にも平等に与えられた権利で、
国民全員に優しい、すごく良いことだと思います。

しかし、この公共の病院ってやつがきちんと機能してない!

ありえないくらいに待たされるし、ありえないくらいに段取りが悪い。

いくら無料とは言え、なんで4ヶ月も待たされるの?

しかもルカのいとこの場合、この甲状腺のしこりが悪性か良性か分からないから、
手術で取り除く必要がある。
悪性の可能性もある・・・ってことで、この手術は“緊急”扱いなはずなんですよ。

緊急で4ヶ月・・・。


そしていよいよ、今日。
彼女は昨日、「もし悪性だったら・・・。手術が失敗したら・・・。」って眠れぬ夜を過ごし、
今日の朝は紅茶一杯のみ。昼食はもちろん抜き。

14時までには病院にいてください。って言われたとおりに、13時半には病院へ。

13時半から待たされること2時間後。
わたしとルカ母が到着してすぐの15時半。執刀医登場。

医者。「あなたの手術、何時になるか分からない。」
医者。「もしかしたら延期になるかも。」



続きを読む »

スポンサーサイト

ストライキ。


sciopero.jpg


ストライキは労働者の権利だと思います。

ストライキ自体に反対はしません。

でもこりゃないべ。


イタリア全国で12月10日・月曜から始まった、トラック運転手のストライキ。

今日で3日目。まだ続いております。
このトラック運転手達、ストライキ(働かない)+道路をブロックしてます。

っていうか、道路をブロックする意味が分からない!

しかも、どっかのトラックが裏切ってトラックで荷物運ばないか、交代で見張ってるって話しです。
見つけたら即、タイヤに穴をあけられるそうです。

意味分かんない。
ストライキやりたい人はやって、やりたくない人はやらなきゃいいじゃん。


そして私たちの生活への影響・・・。

いやぁートラックなんて関係ねぇ。と思ってたそこらへんのイタリア人。
それが関係ありありなんすよ。

まず、私の仕事的には超重大問題でして。
せっかく革が出荷準備できてるのに、トラックが動かないから、
お客さんのもとに届かない。

お客さん(特に海外の)から文句言われるのは、私たち・・・。

面倒くせぇ!


そんでもって、ガソリン・食料・新聞などなど、トラックが運んでいたものは数知れず。
それらが、このストライキのおかげで、運送ストップ!
特にガソリンは大問題で、多くのガソリンスタンドで順番待ちの列が起きてるそうです。

今日近くのガソリンスタンド通ったら、閉まってた。
おめぇに売るガソリンはねぇ!ってか。


わたしの同僚は、ガソリンがなくて、会社に来るのも知り合いに車で送ってもらったそうです。
「このストライキが続く間、どうしよう・・・」と言ってました。


ストライキにも、やり方ってものがあると思う。

ストライキに至った事情ってのもあるのは分かるし、
きつい仕事の割に待遇が悪くてってのも分かる!
でも、人々の生活に支障を与えて、何が楽しいの?

政府もなんとかしろよ!


周りのイタリア人が口を揃えて言ってます。
こんなの日本じゃ起こらないよね、って。

そりゃそうだ。

ありえない。








RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。