スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「フランス人?」って!


毎日パートで、午後だけルカの会社で働いて、2年になります。

去年の9月からは一緒に働いていたパトリが辞めてしまい、
午後はずっと一人で受付・事務をやってます。

仕事の一つに、運送会社に電話するってのがあるんですね。

出荷の準備ができたら、「何時に取りに来て。」って。

それはもう毎日の仕事で、いくつもの運送会社に
多い日には5回から10回電話するんです。

でも言うことは同じで、
「(会社名)ですけど、何時に何個のパック取りに来てください。」って。
これだけ。

だからね、慣れてもきたし、そんなに苦な仕事ではないんですよ。
(電話は大嫌いだけど)

しかも、こんな一言・二言のイタリア語だから、
電話の相手も、そこまで私が外国人でイタリア語完璧じゃぁないって
分からないだろうと思ってたの。
(いつも電話に出る人が決まってる会社・毎日のように電話する会社は別として。)

それがですね。

一昨日、たぶん初めて?(それか私が覚えていないだけか)
ある運送会社に電話したわけですよ。

私「(会社名)ですけど、何時に何個のパック取りに来てください。」

いつもは「はいよ。じゃあね。」で終わるのに、
そいつは言いました。

「ねえ、あなたフランス人?」

私。「・・・・・。」

会社に来た人に、「中国人?」って聞かれたり、
たまーに、「タイ人?」(黒いから!?)とか聞かれたことはあったけど、
フランス人とは、初めてです!

でも「私の顔ってそんなにパリジェンヌっぽいかしら?」と思ってはいけません(笑)。

だって電話だから顔みてないし!

フランス語ってさ、独特の発音があるから、
フランス人が話すイタリア語ってちょっと聞き取りにくいんですよね。

これはどー考えてもOffesa(侮辱)だー!!!

私がむっとしながらも、「いえ、日本人ですけど。」って言ったら
やつ、「あ、そうなんだ。奇妙な発音だからさ。」って。

Accento strano(奇妙な発音)って言ったんですよー

大ショック。

フランス人ってなんだよ

でもね絶対こいつはフランス人が話すイタリア語と、
イギリス人が話すイタリア語の区別もつけられないような無知人なんですよ。

だから、イタリア人じゃない発音=外国人=フランス人。みたいな
図式がこの人の中では成り立ってるの。

言い分けじゃなくてね。

だって、じゃなかったら、いきなり「フランス人?」はないもん。

私のイタリア語、だめだめだけど、フランス人のイタリア語とは
似ても似つかないもん。


それにしてもさ、会ったこともなくて、
電話で一回話しただけなのに、いきなり「フランス人?」はないよね。
(一応丁寧語は使ってたものの。)

会社に来る人でもたまにいるんですよ。

初めて会ったのに、いきなり「あなたどこの人?」とか聞いてくる人

っていうかなんでどこの誰かも知らない人に
いきなり自分が何人か言わなきゃいけないの?って感じ。

知ったから何になるの?って話しだし、
相手に対して失礼とか思わないのかな。

ただの興味本位なんだろうけど、そういう人キライ。

今度聞かれてムカついたら、超まじめな顔で
「あなたはアルバニア人ですか?」って言ってやりたい。
(イタリアではアルバニア人のこと良く思ってない人が多い)

たぶん殺されるだろうけど、満足感は絶大なはず!






スポンサーサイト

GF7


イタリアで大人気のリアリティー番組
Grande Fratello-グランデフラテッロ(Big Brother)シリーズ7が始まりました。

先週の木曜から始まってたらしいんだけど、
私は全っ然知らなくて!!

次の日ニュースでやってるの見て、「い、いつの間に」みたいな。

大好きなんですよ、この番組。

去年のこの時期も、「始まるー!」ってブログ書いた思い出が…。


ただ最近ちょっと飽き気味
おんなじ様なことばっかりやってるんだもーん

出る人も女はみんなキレイで細くて胸でかくて、
はなんか「俺ってかっこいい」みたいな人ばっかりだし。

去年は中国人の女の子が出て注目集めたけど今年はどうなんでしょう。


そうそう、ニュース!
知り合いが出ます!!!!

ってそれほど超知り合いではないんだけど、
ルカの両親の仲良しの友達(この前の土曜に私も夕食一緒に食べた)の
奥さんの方の妹の息子。

レストラン経営してて、そこによく行ってたので、
息子も一応顔は知ってます。

ジャーナリスト志望?の若者。

それほどかっこいー!って感じではないけど、
知り合いがGFに出るってのはなんかびっくりだよね

今日から登場、家に入るらしいので
見れる方、トスカーナからの男、アンドレア(だっけ?)要チェックしてください!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

でも今GF7のHP見たら
アンドレアってもういたけど…。しかもすでにアウトっぽい?

でも写真違うような。小さくてよく見えない。

よく分かんないけど、とりあえず今日の放送見ます。




夫のいない生活。


先週の土曜から、ルカが仕事でNYに行っています

年に2回の展示会のため。

本人は行きたくない度120%だったけど、ショッピングだけを楽しみに出発して行きました

一人イタリアに取り残された、私…

いや、いんだけどね。全然。

たまには一人の時間も大切だし

ただ、土曜の夜、ルカの両親(特にママ)が
私をひとり家に置いて自分達だけ出かけられない!って。

物騒な世の中だし、何かあったら大変だからって言い出して。

気持ちはありがたいんだけど、
でも60歳のおばちゃんおじちゃん達とごはん行っても

つまんない!!!

私もよく知っているルカの両親の友達夫妻の家
ピザを持ってお邪魔したんだけど、
話しは合わないし、おんなじようなこと何回も話してるし、
だんだんイライラしてきちゃって(笑)。

家に帰ってきた頃にはだいぶぐったりしてました

そんでもって、一応気を使って、
2階で両親とお昼と夕食食べるようにしたんだけど…。

なんかぶっちゃけ、年寄りといると自分もすっごい年とった気分になる!

私も60歳の仲間入り?みたいな(笑)。

しかも色んなことが目に見えちゃって、感じちゃって、
あーこれまたイライラ

舅→ダイエットしてるわりによく食べる…。
オフィスでタバコ吸うのやめて欲しい。禁煙だっつうの!

姑→咳ひどいんだからタバコいい加減やめればいいのに…。
咳してるの聞いてる方も具合悪くなるよ。

などなど。言いたいことは日に日に増していきます


そんな夫のいない生活も明日で終わり
明日のお昼に帰って来ます。

「夫のいない生活」っていうより、「夫の両親との生活」。

しばらくいいです…(遠慮)。






ベルリン旅行。③

ベルリンといえば、ベルリンの壁。

今も残されているベルリンの壁の一部も見に行きました。

20070122104015.jpg

柵があって、保護されている。

20070122104532.jpg

反対側。
下に小さなギャラリーみたいなのがあって、
そこにベルリンの歴史など、写真で紹介されていました。

20070122105007.jpg

そして、街には今も、ベルリンの壁があった跡には
この写真のようなラインが残されています。

歴史には詳しくない私ですが、
この壁があって、ベルリンが西と東に分かれていた頃のことを思うと、
なんだかせつなくなりました。


そして、ベルリンといえばもう一つ。

20070122105323.jpg

信号!

赤はちょっと微妙だけど、青はめちゃかわいい!!!

20070122105437.jpg


そういえば昔ニュースで話題になってたのを思い出しました。

一目で恋に落ちた私 本当かわいい!

お土産やさんの店先には、こんなのも…。

PICT0691umino.jpg

「エントランスはあちら。」

持って帰りたい!!!!

色々グッズも売ってて、私はマグカップ買ってきました


そんなベルリン二大名物でした。



ベルリン旅行。④へ続く…。


ベルリン旅行。②

ベルリン市内観光

PICT0562berlin3.jpg

旧帝国議会議事堂
屋上のガラスでできた半球天井に入ることができるんだけど、
いっつもすごい行列で、今回は断念しました

でも外から見てるだけでも素晴らしい建物でした。


事前にもらった地図を見て、なんとなくロンドンっぽいのかなって
地下鉄利用を一番に考えてたけど、
でも、ベルリンはバスの方が使いやすいかも!

初めての街だから、景色を見たい!ってのもバスを多く使った理由のひとつ。

2階建てのバスが多くて、街並みをゆっくり見れました


PICT0582berlin2.jpg

Unter den Linden通り
ライトアップされててすっごいキレイでした。

ちょっと日本の地元の街並みを思い出してホームシック…

それはさておき、旅行前にちょっとネットで調べたら、
「ショッピングといえば、この通り!」みたく、このUnter den Linden通りが紹介されてたの。

だからすっごい楽しみで行ったんだけど、
それほど、そこまで「ショッピングといえば!」って感じではなかった…
店も多くて、お土産やさんとかたくさんあったけど。


結果を言うと、最終日にホテルの近くに
私の求めていた「ショッピング街があることを発見して…。

最終日。1月1日。祝日。
どこも開いてなかった…!!!!!!

大好きなH&Mにも、ヨーロッパいち大きい(自称?)デパートKaDeWeにも行けず。

一緒に行った方達がそれほどショッピングに興味がない方達だったのもマイナスポイント

ま、次回(いつになるかは分からないけど)のお楽しみってことで。

kadewe-ecke_200.jpg

KaDeWe


ベルリン旅行。③へ続く。


ベルリン旅行。①

2006年12月29日から2007年1月1日まで、
年をまたいで、ベルリン旅行に行ってきました

PICT0697berlin4.jpg


3泊4日、友達カップルと4人での旅。

楽しかった!そして、大変だった!!

12月29日、1日目。
ボローニャ空港から出発。

イタリアからベルリンへの直行便はローマかミラノからしかないらしい。
だからボローニャ→ミュンヘン→ベルリンの乗り換えです。

ドイツの首都なのにねー。
フランクフルト、ミュンヘンの方が地理的にドイツの中心にあるし、
ビジネス的首都はベルリンより、そっちの大2都市らしい。

それはさておき、早朝5時起きして空港に行ったら
なななんとオーバーブッキングで席がない

っていうか、ホリデーシーズンにオーバーブッキングなんてするなよ、ルフトハンザ!!!

私、オーバーブッキング初めての体験でした。
よく友達が日本行きの飛行機で、オーバーブッキングだから
ビジネスクラスにさせられた。って話しは聞いてて、
「それならそんなに悪くないんじゃないの?オーバーブッキング。」と思ってたけど、
今回はそんなこと言ってる場合じゃない!

ボローニャ→ミュンヘンの短い旅でビジネスクラスでもあんまり嬉しくないし

結果、私達二人はボローニャからフランクフルト経由でベルリンへ。
友達カップルは予定通り、ミュンヘン経由でベルリンへ。

到着時間もそれほど大幅には変わらないし、ま、良しとしました

ベルリン到着。

早速ですが、団体行動の大変さを思い知らされます…

事前に旅行会社がベルリンの地図、地下鉄・バス路線図をくれたので、
それを頼りに空港からホテルまで、バスと地下鉄で行く気だった私とルカ。

しかし友達カップル・男は、タクシーで行った方が早いんじゃないか。と言うわけです。
でもさ、1日目だから、地図見てもどんだけの距離かはっきり分からなし、
荷物もそんな重いわけじゃないのに、タクシーねぇ…
ま、迷うよりはいいのかもしれないけど…。

そして友達カップル・女は、自分がすべて仕切らないと気がすまないタイプ
バス・地下鉄もうちらがこれでいいって言ってるのに、
「私は見てないから分からない。あなた達が調べたんだからね。」って
もし間違ってたら完全にうちらの責任!ってのあからさまにアピール。

ちょっともめる。
(この先のことを考えればこれは“もめる”とは言えないけど…)
私はこのとき思いました。
この先どーなることやら…って。1日目にしてこれかよ!

結局バスと地下鉄で無事ホテル到着しました。

ホテルは、「Hotel Berlin」

20070114104608.jpg 20070114104626.jpg

部屋もきれいで、すごく良いところでした

荷物を置いて、早速ベルリン市内観光へ!


「ベルリン旅行。②」へ続く…。


あけましておめでとうございます。


20070104053845.jpg


あけましておめでとうございます。

2007年1月から、ブログをFC2に移しまして、
心機一転頑張っていこうと思います。

いっぱい更新するぞー!!

今年もどうぞよろしくお願いいたします。


RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。