スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おひさしぶり。

何ヶ月ぶりかの更新です。
前回の日記にも書いたように、色々ありまして・・・。

2月の最後の金曜日、朝起きて仕事に行こうとしたルカの左腕が
思うように動かず!
すぐ病院行って、検査して、首の後ろあたりのヘルニアが原因だと。

実は1年半前にヘルニアがあることが発覚して、検査して、手術?って話しだったんだけど、
検査してる間に、痛みが消えて、手術は見送ることに。

それで半年に一回検査するように言われてて、様子見てたんだけど、
今になってまたヘルニアが現れた!

そのヘルニアが、左腕を動かす神経を圧迫してるせいで、左腕が動かず。
即入院で、3日後には手術。
手術はそれほど難しいものじゃないとは言われたけど、
色んな神経が通ってる首のあたりの手術だから、心配は心配で。

手術は2,3時間と言われてたのに、手術室に入ってから5時間しても出てこなくて、
手術室の様子(何時に手術が始まったとか)なんて全然教えてもらえず!
さすがに泣きそうでした。

でもなんとか手術は無事成功。手術室に入って6時間後に出てきました。

手術が終わって、3日後には退院して、1ヵ月半後にリハビリ開始。
今は左腕の神経を呼び起こすためにリハビリ中です。
まだ回復途中だけど、少しずつ力が戻ってきているみたい。

「Ci vuole pazienza. (辛抱が必要)」が合言葉です。
少しずつ少しずつ。
わたしは辛抱強いんです。(このイタリア生活のおかげ!?笑)

それにしても、いきなり昨日の今日で左腕が動かなくなるなんて、考えてもみなかったことです。
今までは普通に生活して、スポーツも普通にしてて、それが当たり前だと思ってたのに、
それって当たり前ではないんだよね。
健康であることに感謝しながら生きていくべきだなぁと思いました。

そして、日々後悔のないように。
1週間後、自分に何が起きてるかなんて誰にも分からないんだから、
思ったこと、やりたいと思ったことは、できるだけ行動に移して生きていかなきゃと思った。
簡単なことではないけどね。

お医者さんには、ルカはラッキーだったと言われました。
今回、ルニアは左腕を動かす神経を圧迫する位置に現れたけど、
両足を動かす神経を圧迫する位置に現れた可能性もあったわけで。
それだったら、日常生活に大きな支障をきたすし、回復するのももっと大変だったと。

大好きだったフットサル、テニスができないのが一番辛いって本人が言ってて、
私もそれが一番かわいそうだと思うけど、
でも、左腕以外は健康で、自分の足で立って歩けることに感謝しなきゃ。と思う。

今回のことで学んだことはたくさんあるけど、
日々感謝の気持ちを忘れずに、
一度きりの人生、後悔しないように生きたいもんです。

PS。それにしてもイタリアの医療制度・病院の設備・システムは好きになれません。
一生お世話にならないことを願ってます。
(病院食はおいしかったけど。笑)





スポンサーサイト

Comment

お久しぶりです!

みっちさんお久しぶりです!
長い間、ブログ更新していなかったようなので、心配していました。前回の日記もなんか色々あるようだったので・・・。
ところでルカさん、大変だったのですね。
手術成功してよかったですね。
本当に、健康でいるとそれが当たり前で、感謝の気持ちってついつい忘れがちですが、みっちさんの言う通り、日々感謝しなきゃいけないんですよね。
病院食がおいしかった・・・笑っちゃいましたv-411

ありがとうございます!

i-261 まなさん、コメントありがとうございます。
手術前は手術の成功だけを祈ってたのが、でも手術後には手術成功だけじゃなく、
もっと、もっと、って欲張ってしまいます。
左腕も少しずつ回復してるんですが、もっと大きな前進を望んでしまうんですよねi-207
辛抱強く。
頑張ります。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。